車いすマーク表示一覧
【フレーム】
スチール
強度があり、体の大きい方に適しています。
アルミ
軽量でサビにくく、持ち運びにも適しています。
【介助者用ブレーキ】
ドラムブレーキ
坂道や雨の日でも、安定した制動力が得られます。
タッグル連動ブレーキ
手元ブレーキに連動しています。
足踏みブレーキ
ペダルを踏むことで、立ったままでもブレーキのロック/解除ができます。
【背シート】
背折れ
コンパクトに折りたためるので便利。
背シート調整
乗る方の体型や症状に合わせて調節可能。
【アームレスト(肘掛け)】
取り外し機能、高さ調節機能、跳ね上げ機能を活用することにより、ベッドと車いす間の移乗をスムーズに。体型に合わせ高さを調整。デスクタイプの車いすはテーブルに密着可能。
【座シート】
座幅選択
このマークのついた車いすは座幅選択可能です。
座シート調整
このマークのついた車いすはシートの調整可能。乗る方の好みに合わせた張りが選べます。
【前座高】
超低床
体の小さな方、足で車いすを操作する方に適しています。
座面高さ調整
乗る方の体型に合わせ調整が可能です。
【フットレスト】
スイングアウト/スイングインアウト
スイング機能付きなら、ベッドと車いす間の移乗をスムーズにします。
【キャスター】
ソフトキャスター
路面の衝撃を吸収し、快適な乗り心地。パンクの心配もなし。
【タイヤ】
ノンパンク
このマークのついた商品は、パンクの心配がありません。
【手元ブレーキ】 【ハンドリム】
車いすの乗り降りの時のように、停車時に使います。 使用する人が手で回して原動力を得る外輪。ステンレスや手に冷たくない樹脂製のものもあります。
【ティッピングバー】
段差を乗り越えるときに、この部分を踏んで車いすを傾けます。
座っている方の身になって、安全・確実な操作を
車いすを利用するにあたっては、安全な場所で練習してから徐々に行動範囲を広げていきましょう。車道はできるだけ通らず、歩道や十分に幅のある路側帯を通りましょう。また、道の端は傾斜しているので気をつけましょう。
 ■歩道・街路では
鋪装されていても、道路は決して平坦ではありません。ちょっとした凸凹が思わぬ転倒につながることもあります。また、乗車している方は常に振動を体に受けているので、負担を出来るだけ軽減するよう、前方の路面に注意して押していきましょう。車いすは歩行者として扱われます。「自転車および歩行者専用」、「歩行者専用」の標識のある道路も通ることができます。
 ■坂道では
●上り坂: 体を少し前に倒して、重さに負けないように一歩一歩しっかりと進みます。
●下り坂: 急なときはブレーキを使いながら、後ろ向きに一歩ずつ下ります。
 ■段差では
●上がるとき: ティッピングレバーを踏んで前輪を段差の上に静かに乗せ、続いて後輪を押し上げます。
●降りるとき: 後ろ向きで後輪をおろし、ティッピングレバーを踏んで前輪を上げたまま後進し、前輪を降ろします。このとき、ふらつきやすいので、しっかりとハンドルを握りましょう。
●階   段: 基本的には二人以上で支えます。一人は下からレッグレストパイプ(※脱着タイプの場合は本体フレーム)を、一人は上からハンドグリップ(背折れタイプの場合は本体フレーム)を持ちます。一段ごとに慎重にタイミングをとりましょう。
※肘掛やフットレストが脱着式の場合、レッグレストパイプ部分を持ち上げると大変危険です。
車いすに座っている方には、予想以上の衝撃が伝わります。ゆっくりと、余裕を持って押していきましょう。

<ウインドウを閉じる>